タグ:家族 ( 78 ) タグの人気記事

ナイアガラ


夏休み最後にナイアガラの滝を見に行きました。11年前に行きこれで3度目ですが、このど迫力は何度見ても言葉にできない感動を与えてくれます。これだけの水が絶え間なく毎日流れているわけですからね。。
不思議な感覚になります。


c0064027_8505562.jpg



c0064027_8504663.jpg



c0064027_8503268.jpg
ユキは11年前に来た時のことはほとんど覚えていないらしい。
子供の頃は観光地に連れて行っても勿体ないだけだね。。と思った。


c0064027_851823.jpg
夜はライトアップと花火も上がりました。

[PR]

by hayoko | 2015-09-08 10:13 | 自然

今日の夕焼け

夕暮れ時、トビと散歩していたら、きれいな夕焼けが見えたので、急いで家に帰りカメラに収めました。
今日も無事に一日が終わり、ありがたいことです。。。

c0064027_12261259.jpg


マークが口笛を吹いていました。

あ、、聞いたことあるメロディー

あ、それは 私がいつも見ている朝ドラの主題歌じゃない、、、マッサンの!

あ〜ら、覚えてくれたのね、、って言ったら

いや、、、今のは、、

ロシアの国歌だって、、、


いや、絶対あれはマッサンだった。 いつも見てるし、私もいつも口ずさんでいるからね。

何気に口ずさみ照れくさいのか、、、素直に認めようとしない。

それに、なんで、あなたがロシアの国歌を口ずさむのか。。。


まあ、いいですけど、ちなみに これが →ロシアの国歌
[PR]

by hayoko | 2015-03-19 12:44 | 我が家の出来事いろいろ

ターキーラン 2014


昨日は大雪だったので、今年のターキーラン(5マイルー8キロ)はどうなるのかなーと思っていましたが、雨でも雪でもあるよ、と言うマーク。

幸いレース中は雪は降らず、無事に走り終えました。
結果は3000名ほどの参加者中280番目、39分ちょっとでした。
折り返し地点で声援を送り、フィニッシュラインまで行くのに、私のスノーブーツが壊れてもたついた為、目出度いゴールの瞬間を撮ってあげられなかった。

皆が走り終わった頃に、また雪がこんこんと降り始めました。
そして、皆暖かい家に戻り、家族や友人達とターキーディナーのひとときを楽しむのです。
我が家はうちの家族と娘のフィアンセを迎えて楽しく過ごしました。

c0064027_10185436.jpg



c0064027_10184181.jpg



c0064027_10181634.jpg
Rockland Lake

[PR]

by hayoko | 2014-11-28 10:02 | 我が家の出来事いろいろ

夕焼けと川柳


今日の夕焼けはまた見事でした。

お空に向かって 「ステキィ〜〜  ありがとぉ〜〜」って言いました。

c0064027_11561076.jpg


熊本の母さんは川柳を書いて、地方紙の熊日新聞に投稿しています。時々入選し、一等賞をとることもあります。ボケ防止にいいから続けているそうです。いつも新聞に名前が載るので、最近はファンだという人から電話が来たりするのだそうです。先日はある老人ホームにいる方からお電話があり、お名前を伺っても、おっしゃらず、「いや〜、名前は申しませんが、ただ貴方の川柳をいつも楽しみにしている者です。これからも書き続けてください。それだけ言いたくてお電話しました。」 とおっしゃったのだそうです。80才を超えた母さんの活力になっているようです。

では、折角なので ここに母さんの最近の一句、

  「レジを変え 一人一個を 五個も買い」

笑っちゃいますよね。スーパーでお一人様一個限定の物を違うレジに並んで5個も買ったぞ、という話なのです。

これからも面白い川柳を書き続けてくださーい。 母さん。
[PR]

by hayoko | 2014-09-25 12:25 | 父と母

助かった母の話


「花子とアン」で、子供が疫痢で亡くなった話を熊本の母と電話で話していましたら、、、
なんと母も4才の時、疫痢にかかっていたと言うのです。
そんな話は初めて聞きました。
それなのになぜ母は助かったのかというと、両親がすぐに母を大学病院に連れて行ったそうなのです。
なんとタクシーで。

田舎に住んでいましたし、交通の便も悪かったのです。その当時、タクシーを使うなど、かなり贅沢なことでしたので、近所の人達はとても驚いたそうです。
でも死にかけている子供をかかえてタクシーを使い熊本の大学病院まで1時間以上かかる道中、両親はずっと大泣きしていたそうです。

私の祖父母たちは母を助けるために最善を尽くしたのですね。
母は無事に助かり、そして私は生命を授かってここにいる。

感謝でした。

c0064027_1385146.jpg

庭のコスモスが満開



c0064027_12504627.jpg

[PR]

by hayoko | 2014-09-12 13:13 | 父と母

お盆ですね


さっき熊本の母に電話したら、お盆の準備をしていました。

盆だごと煮しめ

盆だご とは、お盆に食べるだんご。
米の粉で親指ほどの大きさの長べったい形にして湯がき、それにきな粉をまぶすだけの
シンプルなだんごです。
(熊本人はせっかちなので、盆だんごというのも気がせくため、盆だごになる。)

お盆の始めに作るのが迎えだんご
そして3日目の最後の日にも作り、それは送りだんごと言います。
ご先祖様をお迎えするときと、お送りするときにお供えするだんご。
ご先祖様はみんな盆だごが好きなのでしょうね。

私も大好きでした。あれを思いだして、時々作ってみるのですが、、、
なーんか違う。昔、盆提灯がゆれる傍らで食べていたあの盆だごとは、味が違う気がするのです。

そうだ、明日 作ってみよう。
そしてマークと息子らに、BONDAGO と言って食べさせよう〜〜

c0064027_10582620.jpg
庭で育て毎日食べていたレタスにお花がさきました


c0064027_10583974.jpg
庭に咲いたバタフライブッシュにはいつも蝶々が来ています


[PR]

by hayoko | 2014-08-13 11:20 | 父と母

秋でもないのに


うちの庭にコスモスがいっぱい咲きました。
そういう種類なんでしょかね?
秋までずっと咲いてくれるのかなー。

c0064027_12172353.jpg



ところで、我が家は先月末からずっとマークと私とトビだけのかなり呑気な日々なのであります。

娘は既に独立していますし、長男とユキは教会の子供達の泊まり込みキャンプのスタッフで出っぱなし。
もうそろそろ帰ってくるのかなーと思ってます。時々Facebook を見ると、キャンプの様子がうかがえる
写真やビデオが出ていて、元気そうにしてますわ。笑顔でいてくれればそれだけでオッケーなのです。

だから私も笑顔でいなきゃね。まだ私のことを心配し、気にかけてくれる人もいるのだし。。



(^▽^)


楽しいから笑うのではない。笑うから楽しいのだ。
We don’t laugh because we’re happy - we’re happy because we laugh.
William Jamesさんの言葉







[PR]

by hayoko | 2014-07-25 11:00 | 我が家の出来事いろいろ

母の日に


母の日のプレゼントにと、熊本の母にお花を贈りました。


今はほんとうに便利なフラワーサービスがありますね。いろんな種類のお花がありましたが、クレマチスの鉢を選びオーダーしました。そして、日本時間の母の日のお昼頃に電話したら、母がもうかなり興奮していましたので、既にお花が届いていることがすぐに分かりました。1時間ほど前に届いたと、大層喜んでくれました。

日曜日の朝から届けてくれるのですね。送料は無料なのに、有難いことです。


そして更に母が感動したのは、花が届いてテレビでのど自慢を見ていたら、その番組の中で、クレマチスの花のことを話していて、花言葉は「永遠」だということまで言ってくれたのだそうです。


なんとなんと、そこまで導かれるとは、、、


そして、母に「永遠に幸せでいてくださいね。」と言って電話を切ったのでした。



母がいない人なんていないわけで、この日はみんなが母のことを思い、感謝する日ですね。

母がどんなに自分を愛してくれたのか、いろいろ思いだしてみる日ですね。




c0064027_11544403.jpg
Bronx Botanical Garden, May 10, 2014


[PR]

by hayoko | 2014-05-12 12:00 | 父と母

今朝の夢


今朝、久々にはっきりと記憶に残る夢をみました。

最近、地球上で大きな事故が相次ぎ、人間いつ死ぬか分からんなーと、思っていたせいか。。


マーク、長男、ユキと私4人でリビングでくつろいでいました。

なぜか我が家は高層ビルの最上階。大きいリビングでそれぞれ何かしていたところ、突然 地震!

高層ビルなので、ゆら~りと揺れ、ビルが水平に25度ばかし回転しました。


ありゃー、これはいかん。もう終わりだわ。

もうこの建物は崩れ去って我らはあの世へ行くのだね。

私はマークと長男に駆けよって、向こうでコンピューターやってるユキに「こっちおいで」と呼びかけ、

4人で輪になって手をつなぎました。

これからちょっと痛い思いするだろうけど、あの世に行くことになったから心の準備しよう、って言うのです。



でも、そこで私は考え直し、いや、それよか 起きなきゃ、、、  ってがばっと起きました。

そして、いつもの平屋の我が家で寝ていたので、ほっとしたのでした。


でも、あの死を覚悟した緊迫感はリアルに残っていました。



私のたかが夢の話にお付き合いいただき、かたじけない。。




c0064027_10481257.jpg
Wave Hill Garden April 13


[PR]

by hayoko | 2014-04-19 10:51 | 我が家の出来事いろいろ

目一杯雪です

もうどこもかしこも雪ばっかですね。


躊躇しているトビ
c0064027_1385434.jpg



物心ついて10年、こんな雪 初めてだ。。。
c0064027_1320338.jpg



ドア、開けてくださぁ〜〜い
c0064027_139596.jpg


長男、あちらで雪かき
c0064027_13103154.jpg


ユキも、雪かき
c0064027_13114829.jpg


よく降ったなぁ〜
c0064027_13122317.jpg




[PR]

by hayoko | 2014-02-18 13:23 | ニューヨークでの出来事