タグ:トビ ( 46 ) タグの人気記事

起こすトビ


トビはまるで目覚まし時計。

毎朝7時前後になって私たちがまだ寝ていると、寝室のドアをノックしに来る。
ノックと言っても犬の足なので、前足の爪でドアをかするだけ、

ガサッ  という感じ

大した音じゃないが、かなり目覚まし効果のある嫌な音。

私たちの部屋のドアのところに居座り、そのガサッ という一振りを、数分おきに試みる。

平日は遅くても7時には起きるので、いいけれど、

土、日は困る・・c0064027_12185584.jpg


もう少し寝せてくれ〜〜い


でも容赦なくどちらかが起きるまで


ガサッ


ガサッ



で、無情にも起こされてドアを開けると、既に起きたということを、ドアが開く前から知っていて向こうに歩き出している。

む、む、む、

そして、更に裏庭に出るドアまで私を誘導し、そのドアも開けろと言う。

外に用をたしに行きたいのだろう。

ドアを開けてあげた。

でも、今朝は雨が降ってたので、出ていかず Uターンして、また寝に行くじゃないか・・


なんなんだい・・・
[PR]

by hayoko | 2007-06-29 12:24 | ペットの話

逃走するトビ

うちのトビ(ビーグル犬)は猟犬です。
獲物を見ると血が騒ぎ、どこまでも追いかけていくしつこい奴。
その意思の強さには脱帽です。

家の中でペットとしてかわいくしおらしく生きる種類じゃないのですよ。
うちの裏庭はだだっ広く、走り回るスペースは十分にあると思っていたのですが・・・
あいつにとっては、これでも窮屈だと、なんと贅沢なこと言いやがる。

裏庭にはフェンスがあり、どこからも外へ出られないようにしてあるのですが、あいつにとっては隙だらけのようで、いつの間にか隣りの庭や、台所に出没していて、電話がかかってくる。

「トビが来とるでー」

「おーまたかいなー 今お縄持って行くから、つかまえといてー」

フェンスを調べてみると、地盤の緩いところを狙って穴ほってすり抜けた形跡が残っている。

ここから出やがったな・・と

その度に、対策を講じ、更に城壁を強固にしていってるのですが、

これで、万全と思っていても、なんのなんの

あいつにとってはまだまだ隙だらけらしい


今度はどこから抜け出していくのやら、楽しみ・・というのも変な話だけど
知恵比べのような気がしないでもない。

なに、逃走したとしても行き先はだいたい知れてるので、さほど心配もしていない。

うちのトビだと顔も知れてるし、いつも誰かがお縄にして連れて来てくれる・・・



隣りの犬はパグ犬で、おとなしい犬。フェンスなんてないのに、決して領域をはみ出さず行儀がいい・・・

無理だと分かってるけど、「少しは見習いなさい!」と言ってしまう。

c0064027_12565878.jpg

[PR]

by hayoko | 2007-06-19 13:03 | ペットの話

考えるトビ その2

トビ(犬)もちゃ〜んと考えている

人間の食べ物は良くないらしいので、なるべくあげないようにしているのですが、あーんなに熱ーい視線をずーーっと向けられると・・・
「じゃーこれだけよー」ってついついあげてしまうんですよね・・・

犬も味覚があるのかな・・
やっぱりドッグフードよりも我らの食卓に並んでる物がおいしいと感じるのかな・・・

トビの夕飯はいつも、ドライ・ドッグフードの上に、ドッグフード肉の缶詰をトッピング。

そのトッピングだけをまず食べる。絶対に全部食べてしまわない。

腹五分ほどの状態で、主人が食べている脇に座り、熱ーい視線を送る。

主人もついつい肉を一切あげたりして・・・主人が食べ終わり席を立つと、まだ食べている私のところにやって来る。

そして椅子に腰掛けている私の腿に、アゴをのせて、すごい至近距離からじーっと私を見上げている。

「だめ!今日は何もあげらんない!これはあんたには良くない、辛すぎる。」とか言ってなるべくあげないように、がんばる。

そして、私が席を立ち、食器を片づけ始めるのを見ると、
「あ〜ぁ 今日は分け前なしか・・・」と、のそのそと自分のドッグフードの残りを食べてしまうのですよ。

c0064027_1154113.jpg

[PR]

by hayoko | 2007-03-21 12:03 | ペットの話

考えるトビ

不運な小鳥が、うちのトビ(犬)につかまってしまいました・・・

外でしばらく遊んでいたトビが帰って来て、わたしのオフィスのドアをノックするので・・・(いや犬の手のノックだからガサゴソとこする音がするだけですが・・・)

ドアを開けたら、何やら不審物をしっかりと口にくわえていて、「何、拾ってきたのぉ!!」と見たらば、哀れな小鳥がトビの口にくわえられ、まだ足がチョコチョコと動いていました。

私は大きな声で「あなたはなんてひどいことをするのぉ!!」 トビを叱りつけると、トビはその場で固まっていましたが、くわえた小鳥を放そうとはしません。

私は更に大声で怒鳴り、げんこつを振り上げました。なぐりはしませんが、このポーズはいつも効果があります。

この主人の様子では、小鳥をくわえたままでは家に入れてくれそうにない・・・と悟ったようで、また外に行ってしまいました。

しばらくして、またトビがドアをノックするので、開けてみたら・・・
小鳥をくわえてはいませんでした・・・
そのまま中に入ってくるかと思いきや、なんと・・・こしゃくな!

私がドアを開けたのを見届けると、さっと方向転換し、向こうに隠し置いていた小鳥をくわえに戻り、家の中に入ってこようとするじゃないですか・・・・

しかし、隠していた場所が2メートルほど向こうだったので、いくら敏速に行動したとしても、間にあうはずがない・・・


無情にも、また主人にドアをバシッと閉められ、更にトビは思案する・・・


しばらくして、トビがまたドアをノックしました・・・開けてみたら・・・
小鳥をくわえてはいませんでした・・・

でもこんどは1メートルほど向こうに小鳥が置いてありました・・・・・
[PR]

by hayoko | 2006-05-18 11:50 | ペットの話

トビの好きな場所

昼間はよくここに座り、向こうを眺めている

c0064027_1431294.jpg


「トビー」と呼ぶと


c0064027_14342594.jpg


    振り向く
[PR]

by hayoko | 2005-11-10 14:35 | ペットの話

トビ(飛)が家族になった話

うちにはトビという名の犬がいます。
子供達が Tobi と名付けましたが、私は 「飛」だと思ってます。
いつもぴょんぴょん飛び跳ねています・・・

2年前の夏の終わり、生後3ヶ月の時に、我が家のメンバーになりました。

コネチカット州に住んでる人が、Yahoo の掲示板に「子犬いりませんか?」と出していたのを いただきに行きました。

掲示板に出してあった写真があまりにかわいらしく、そのルックスに惹かれ、素性もよく調べずに、家族にしてしまいました・・・・


ビーグル犬はハンター(猟犬)だったのです・・・・


コネチカット州から1時間半ほどドライブして、トビの新生活が始まる我が家に到着しました。

トビは突然見知らぬ人々に連れられて、見知らぬ家に入り、どうしていいのやら・・・玄関を入ってすぐのところにちょこんと座り不安げな顔でしばらくジーッと固まっていました。

 c0064027_1194210.jpg

我々は、犬というものを初めて家に入れて、一体どうしていいのやら・・・

トイレトレーニングはまだ終わってないと聞いていたが・・・ 

一体 いつ どこで するのやら・・・

何も分からないから、最初は観察してその生態を知るしかない・・・

しばらくリビングルームやキッチンなどを歩き回り、リビングルームに戻って来て、下半身を低く構えた!

うわ〜〜!  そんなとこで そんなふうにするの〜〜

これは、教え込む必要がある。

あなたのトイレは外!  ということを・・・

それから2ヶ月はそれは大変でした。 これまで子供を3人育てましたが、この4番目のは、思った以上に大変でした・・・

下半身を低く構える度に、うわ〜〜っ!!!  と私が叫ぶので、トビは驚き少しちびって止めてしまいます。 
すぐに庭に連れて行き、外でスッキリと用を済ませてもらいます。 
子犬の時は、時間の間隔が狭く本人もコントロールできないらしいのです。
だから2〜3時間おきには外に連れていく、ということを努めました。
約1年はかかりましたが、トイレトレーニングは完璧です。
私は、家の一角をホームオフィスにして仕事していますので、幸いそれができる環境でした。

c0064027_22354499.jpg


トビは一日中、私のすぐそばに居ました。いつでもどこでも隣に居ました。

私が、トイレから出てくるといつもドアの外にちょこんと座って待っていました。


私が上に行くと、上に来る。 下に行くと下に来る。
そのうち、私が上に行ったり下に行ったり、めまぐるしく忙しい人だと分かったのでしょう・・・
しばらく様子を見るようになりました。どうせまたすぐに降りて来ると、下で待ってるようになったのです。

犬も考えるんですよね・・・



トビはハンターなので、外に出ると突然元気になり、もの凄い勢いで歩きます。

私が、トビと散歩してるのを見て、近所の人は、

犬を歩かせているんじゃなくて、あなたが歩かされてるね〜 って笑います。

はい、ほとんど引っ張られ状態での散歩です。

トビの歩き方はまるで、鉄アレーを引っぱって、足腰を鍛えるトレーニングをしているかのよう・・・

だから帰ってきたら、トビもハアハア  私もハアハア  水ぅ〜〜〜

トビの散歩はなるべく、主人と子供に行かせます。
主人は、歩くの速いし、走るのも好きですから・・・

しかし、近所の人たちはいつも優雅に穏やかに犬と散歩しているんですよね・・

あんな散歩を夢みてたんですが・・・

(写真は、来た当初の頃。 今は約3倍の大きさになりました)
[PR]

by hayoko | 2005-04-08 13:54 | ペットの話